病院のブログ

診療案内予防接種・健康診断

膀胱結石 手術例

2017年09月06日

初めはおしっこが出ないために来院されました。

その時には尿道に結石の閉塞を認めおしっこが出ない状態となっていました。

尿道の結石を膀胱へ戻しました。

この時はカテーテルを用いることで結石は膀胱へ戻りました。

その後、排尿状態は良好でしたが結石が結石の溶解がありませんでした。

再度、結石が尿道に詰まることが懸念されたため、膀胱結石を摘出することとしました。

膀胱結石は膀胱鏡を用いて小切開(皮膚の切開を1〜2センチ)にて行いました。

膀胱鏡を用いた手術では結石を摘出する際に膀胱内を観察できるため取り残しが無くなり再手術のリスクが減少します。

今回の手術創は1〜2cm程度の傷口となりました。

また、今回の子は日帰り手術でした。

 

以下の写真は手術時の写真です。

カメラで確認しながら、結石を取り出しているところです。

最後に膀胱に結石が残っていないかをカメラで確認してから縫合し手術を終わります。

PAGE TOP