病院のブログ

診療案内予防接種・健康診断

房室ブロック さくらちゃん

2018年03月19日

さくらちゃんは15歳4ヶ月の柴犬です。

房室ブロックという心臓の不整脈があり定期的にチェックしています。

出現頻度も多くないため現時点では危険な状態ではありませんでしたが、心エコー検査を行ったところ左心室の収縮率の低下が認められました。

 

現時点では経過観察で良いと思っておりますが今後は心臓エコー検査の頻度を高めて収縮率の変化をしっかりと見ていきたいと考えています。

万が一収縮率が非常に低下した場合は虚脱(ふらついて倒れる)症状が出ることがあります。もともと、軽度ですが房室ブロック(ひどくなると虚脱します)もあるため今後は注意深く観察していきます。

PAGE TOP