病院のブログ

診療案内予防接種・健康診断

角膜損傷(コンタクトレンズ使用) さくらちゃん

2018年03月20日

さくらちゃんは14歳10ヶ月の柴犬です。

1週間ほど前に左目が開きにくそうにしばしばしている歳て来院されました。当日は角膜染色試験やスリットランプによる観察により角膜表層の損傷と診断しました。

細菌感染は認められませんでしたが予防的に抗生剤の点眼薬と角膜修復の点眼薬を処方しました。

かなり、目を閉じていたそうにしていたため治療用コンタクトレンズを入れて点眼治療の効果を最大限に生かしました。

左目の写真です。青い点はコンタクトレンズについている色です。

1週間後にコンタクトレンズを外した時に角膜の損傷は綺麗に治癒していました。

目に入れていたコンタクトレンズです。

PAGE TOP