診療案内健康診断

診療案内健康診断

健康診断の必要性

健康診断の必要性

犬や猫などの動物たちは人よりも早く年をとります。大体5歳から8歳くらいで「中年」、それ以上で「高齢」になると言われています。人と同じで年齢を重ねるにつれて体の機能が衰えたり、病気になることが多くなり、中には飼い主さんの気づかないうちに進行する病気もあるので、気づいたときにはもう手遅れという可能性もあります。

そういったことにならないように、5歳を過ぎたころから、定期的な健康診断をおすすめします。内臓機能を調べる血液検査や、胸部、腹部のレントゲン検査などで、外側から見えない体の変化を発見できることもあります。場合によっては超音波検査なども行いますが、まずは実際に連れてきていただいて診察を受けてください。

健康診断の流れ

1.問診

三角

病院に連れてきて現在の状態をなるべく詳しくお話しください。元気があるか、食欲があるか、うんちやおしっこは十分に出ているかなど、最近特に変わったことがあったら教えてください。

三角

2.視診・触診・聴診

三角

実際に目で見て、手で触って全身の状態を調べます。目や耳の中、口の中、皮膚の状態、関節の動きなどに問題がないか調べます。

三角

3.血液検査

三角

肝臓や腎臓の機能も年齢とともに低下していきます。肝臓や腎臓などの機能は血液検査で調べることになります。また赤血球、白血球などの血球検査もあわせて行うことで血液の状態を知ることができます。

三角

4.レントゲン

三角

以上の検査で必要と判断された場合、または飼い主さんのご希望があれば、胸部、腹部を中心としたX線検査(レントゲン)を行います。

三角

5.その他

CT・MRIなどの精密検査が必要な場合には、検査可能な病院への依頼も行っております。

PAGE TOP