診療案内予防接種

診療方針

犬の予防接種・ワクチン

犬の予防接種・ワクチン

ワクチン(予防注射)とは毒性を弱めたり、無くしたりした病原体を体に接種し、免疫をつけさせ、伝染病を予防するものです。犬のワクチンには大きく分けて混合ワクチン(複数の伝染病を同時に予防できる)と、狂犬病ワクチンがあります。ワクチンの普及により、犬の致死的な伝染病の一部は予防できるようになり、伝染病の発生率もかつてに比べれば低下しました。しかし未だに犬の伝染病は日常生活のなかで実際に発生する健康を脅かす存在です。飼育状況などによって当院では6種または8種混合ワクチンを接種しています。

接種時期

通常ペットショップで子犬を購入すると生後6~7週で1回目のワクチンを済ませてからお家に来るケースが多いです。この場合当院では初回接種日から3週間隔でもう2回追加接種しています。(計3回接種)
ワクチンを一度もしていない子犬の場合8~9週齢で1回目、その3~4週後に2回目を接種しています。
以後成犬になってからは毎年1回の接種を継続していくことになります。 なおワクチン接種の時期、回数、種類については、犬の健康状態や飼育環境等によって異なることがあります。

病気の種類 概 要
犬ジステンパーウイルス 咳、鼻水、目ヤ二などの呼吸器症状、ウイルス性脳炎による脳神経症状。子犬、老犬に多く死亡率も高い。
犬パルボウイルス 重度の胃腸炎(下痢、嘔吐)、感染力が強く死亡率も高い。
犬伝染性肝炎 ウイルス性の肝炎
犬アデノウイルス2型 風邪の症状(咳、鼻水、発熱)、子犬に多い、通称ケンネルコフ
犬パラインフルエンザ 風邪の症状(咳、鼻水、発熱)、子犬に多い、通称ケンネルコフ
犬コロナウイルス 軽度の腸炎(下痢、嘔吐)
犬レプトスピラ(2種)
カニコローナ、イクテロヘモラジー型
レプトスピラという細菌の感染症。ネズミの尿が主な感染源人にも感染する。肝炎、腎炎を引き起こす。
狂犬病 さいわい犬の狂犬病は日本国内において長らく発生していませんが、世界的にはありふれた感染症です。今にでも海外から持ち込まれる危険性があり、犬から人に感染する致死的な病気です。狂犬病予防法により接種が義務付けられています。しっかりとワクチンを接種しましょう。(1年度に1度の接種が必要)
ノミ・ダニ ノミ・ダニはかゆみを起こすだけではなく、病気を感染させることもあります。病気を予防するためにしっかりと予防しましょう当院では背中に付けて予防する薬をすすめています。

フィラリア

フィラリア症とは、蚊が媒介するフィラリアという寄生虫による病気です。
フィラリアは心臓に寄生し血液の流れを妨げ心不全を引き起こします。
投薬もしくは注射による予防ができます。

  • 1.血液検査

    当院では処方前に必ず採血検査を行います。
    一滴だけ血をとってフィラリア感染の有無を判定します。結果は10分でわかります。

  • 2.予防薬の処方

    5月下旬から11月下旬まで計7回、必ず最終まで投薬してください。体重によって処方量が変わります。

猫の予防接種・ワクチン

猫の予防接種・ワクチン

ワクチン(予防注射)とは毒性を弱めたり、無くしたりした病原体を体に接種し、免疫をつけさせ、伝染病を予防するものです。
ワクチンや室内飼育の普及により、猫の致死的な伝染病の一部は予防できるようになり、伝染病の発生率もかつてに比べれば低下しました。しかし未だに猫の伝染病は日常生活のなかで実際に発生する健康を脅かす存在です。当院では3種、5種、猫白血病、猫エイズのワクチンが接種可能です。生活スタイルに合わせて接種をおこなうように心がけていますのでご相談ください。

接種時期

(子猫の場合)
8週齢前後に初回接種、その1ヶ月後に2回目の接種をします。

(成猫でワクチン未接種の場合)
体調に問題がなければいつでも接種可能です。
1ヶ月間隔で2回接種します。

病気の種類 概 要
猫ウイルス性鼻気管炎 ヘルペスウイルスにより風邪の症状がみられる。発熱、鼻汁、くしゃみ、目やになど。
猫カリシウイルス 口内炎、風邪の症状。猫ウイルス性鼻気管炎と同時に起こることも多い。
猫パルボウイルス 激しい腸炎(嘔吐、下痢)。 伝染力が強く死亡率も高いきわめて危険な感染症。
猫白血病ウイルス リンパ肉腫、白血病、貧血、免疫力の低下等。
ノミ・ダニ ワンちゃん同様重要な予防です。特にノミの予防をしっかりとしましょう。
フィラリア 猫もフィラリアにかかることがあります。ワンちゃんに比べて寄生する確率は低いですが寄生すると重篤な症状が出ることがありますので、月に1回の投薬をお勧めします。(5月~12月)

PAGE TOP